院内

自分に合う機種を探そう

補聴器には目立ちにくい耳穴式や汗に強い耳掛け型、操作の簡単なポケット型補聴器があります。どの機種も自分の聴力レベルに合わせて適正なものを選びましょう。聴力は、軽度から中等度、高度、重度に分かれています。調整幅のある機種を選ぶことで末永く使用できます。

詳しく見る

診察

便利に活用しよう

難聴の人にとって補聴器の使い勝手を向上させるいくつかの機能があります。挿入時に生じるハウリングを起こさない機能や、プラスとマイナスの位置を気にせず、電池を簡単に入れ替えができるおまかせ回路機能、人知れず音量や音色が変更できるリモコンなどを使って快適に補聴器を使用しましょう。

詳しく見る

夫婦

選ぶポイントについて

補聴器を選ぶときにはメガネをかけているかどうかは重要なポイントとなります。もしも、メガネをかけているなら耳あな型のものを選ぶようにすれば、耳への負担を減らすことができ快適な生活を過ごすことができるでしょう。

詳しく見る

補聴器

充実の保証制度です

難聴の人にとって補聴器は高額でも必要不可欠なものとして購入します。そのため、保障制度の充実を図り、盗難や事故でも無償修理してくれたり、わずかな負担で再度手に入れられるようになっています。購入時にしっかりと説明を聞きましょう。

詳しく見る

医者

高齢者の孤独化を防ぐ

高齢者の孤独化を招く原因の一つは難聴によるコミュニケーションの崩壊にあります。補聴器によって難聴をカバーすることで孤独化を防ぐことができるだけでなく、趣味の幅が増えて活動的になる人も少なくありません。

詳しく見る

聞こえは人それぞれです

耳

自分に合う聞こえを探そう

難聴は先天性のものと外傷性のもの、加齢に伴う老人性難聴などがあります。外傷性のものは治療により改善する場合もありますが、加齢によるものの場合、聴力を取り戻すことは難しいといわれています。高齢になると少しづつ聴力が失われていき、明瞭感が損なわれたり、音のする方向がわからなくなる場合があります。難聴は人により両耳に起こる場合と片耳だけに起こる場合があります。補聴器はこのような場合、周囲の音の環境を把握するために両耳装用をすることで少しでも快適さを取り戻すことができます。両耳で音を拾うことで片耳に掛かる負担を軽減し、疲労感を減らしてくれます。老人性難聴では補聴器により改善することができますが、外傷性の難聴の場合、補聴器よりも休息が必要だったり生活習慣の見直しが大切な場合もあるので、装用を決める前に専門医に相談しましょう。補聴器には音を聞こえやすくするためにいくつかの機能が付いています。聴力検査の結果に基づいて不足している音域の音量感を底上げするだけでなく、周囲の雑音に対していかに気にならない様態にできるかが重要です。相手の話し声が聞こえると周辺の環境音の方が気になってしまい、疲労を感じるケースがあります。補聴器には雑音を制御したり、大きすぎる音をそのまま伝えないようブロックしてくれる機能によって耳を守ってくれます。また、生活環境が人により異なるため、定期的に調整をすることでよりより快適な聞こえを実現させてくれます。小まめにメンテナンスをして快適な聞こえを維持させましょう。