自分に合う機種を探そう

院内

聴力レベルを知ろう

加齢に伴い聴力は衰えていき、テレビの音量が大きくなったり、何度も聞き返さないと話の内容が理解できなくなっていきます。難聴は老化現象のひとつなので、薬物療法では改善が難しく、補聴器を利用することによって不足した聴力を補います。補聴器には聴力レベルによって適応範囲が分かれています。軽度から中等度の機種と高度や重度の機種では音の調整範囲が異なります。まずは自分がどの程度の聴力レベルにあるのか調べてから機種を選定しましょう。中等度難聴の場合には、将来の聴力低下を考慮して高度難聴用の補聴器を選定すると調整の幅があるため、長い期間同一機種を使用することができます。補聴器の寿命は5年といわれていますが、定期的なメンテナンスをすることで末永く使用できます。価格は調整機能の豊富さによって異なったり、形状によっても変わります。オーダーメイドの耳穴式補聴器の場合、10万円台からあります。雑音を減らす機能や装用時に起こるハウリングを抑制する機能が付いているので細かな悩みに対応できます。耳の後ろに掛ける耳掛け型補聴器は耳穴式よりも価格が抑え目ですが、音の聞こえはさほど変わりません。汗のかきやすい人は耳の中へ入れるものよりも耳掛けの方が湿気による故障が少ないのが特徴です。補聴器に汗が入り込む前に耳栓から本体を繋ぐパイプが湿気を吸収するので安心です。また、大きさがやや大きいですが、小さなラジオのような形のポケット型補聴器は操作がしやすく、手入れも簡単です。価格はお買い得ですが、細かな調整が難しい機種もあります。自分の使いやすい機種を相談しながら選びましょう。